ハイボン

近所にハイボンという古風な喫茶店があります。昭和40年代の香りが残るおとなしく、レトロな喫茶店です。
木のテーブルと細手の背もたれの高い椅子に腰をかけますと、開け放した扉から蝉しぐれ。これがなんともいえず、夏なんです。
店の奥さんは笑顔の素敵な初老の方で、40年代のお店にマッチしたものごしです。
このお店には、常連らしきおじさんがいつもカウンターに2,3人座って、マスターと談笑しておられるのです。
時間を切り取ったようなこの店。もしや、店も奥さんもマスターもお客さんも、ワンセットで昭和の時代からタイムスリップしてきてはるんやなかろうか。
[PR]
by maka1968 | 2007-07-22 23:09 | 福点の今日このごろ
<< 優しき町の日 炊飯器 >>