お気楽島 観光案内1

ぶらり浜
最寄り駅は、島巡り鉄道「ぶらり浜駅」。
駅をおりるとすぐ白い砂浜とエメラルドグリーンの海がひろがっています。
夏はパラソルがあちらこちらに花をさかせ、ビーチに集う人の笑顔があふれます。
冬場でも、そんなに寒くないので、散歩しても気持ちよいです。
冬場は特に遠いどこかの国から流れ着いた不思議なものを拾うことができます。
ぶらり浜は透明度が高いので、巣もぐりで色鮮やかな魚たちの舞い踊りを見ることができますし、砂浜にはビーチグラスが落ちているので、拾い集めてアクセサリーなどがつくれます。
ぶらり浜の近くのみやげもの店では、砂浜の砂とビーチグラスをつめた小さなボトルや、貝殻やビーチグラスの手作りアクセサリーが売られています。
「ぶらぶら屋」では、拾ってきたビーチグラスを注文に応じて加工してくれます。

お気楽温泉
島中央の小さな山の中にある温泉で、檜風呂、釜風呂、露天風呂の三つが男女それぞれにあります。
混浴風呂は時間指定でプライベート風呂(車椅子入浴可。専用車椅子を貸し出します。)として貸切ができます。
高齢者の方や障害を持っておられる方に優しいバリアフリー設備が充実してるとまではいきませんが、一言番台で声をかければ、お助け隊が銭湯体制を整えて、しっかりとサポートしてくれます。
年に一度、「湯船でカラオケ大会」が催されます。
なお、カラオケといっても桶を両手に持って、振り付けをしながら歌う大会です。
これにはいろいろな意味でテクニックを要します。
華麗なる桶さばきと歌声が優勝のポイントです。
[PR]
by maka1968 | 2007-01-22 21:08 | MAKAちゃんのお気楽ラジオ
<< 大阪市バスって? 心頭滅却すれば… >>