<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

見えるかな

いやあ、ひさしぶりにブログ書けました。あわただしくてなかなか書けないのです。かけるのは背中の右下あたりにある昔手術した傷口ばかり。

今日は義眼を新調しに行きました。3年に1回くらいのペースで換えないと、サイズが合わなくなり、体にも悪いそうなんです。義眼つけたからいうて、バッチリ見えるいう道具やおまへんで。あくまでイミテーションの眼ですわ。

カジヤマプロテーゼと言うなかなかすばらしい義眼を作ってくださるドクターのオフィス。弁天町にありまして、25階やったかな、海の見える、すてきな部屋です。義足や義眼というのは、病気や事故で失った手足、目を補い社会参加を広げてくれる大切なアイテムでございまして、これないと私なんかゲゲゲの鬼太郎を超越した面相になりますねん。

そやけど皮肉なことでんな。義足や義手や義眼なんて物の発展の一つの要因に戦争が絡んでまんねん。負傷兵のために作り出す技術が進歩したりしますねや。ほんで戦争とは関係ないはずの、ベトナムやイラクの子供達が枯葉剤や不発弾で手足に障害を負わされてます。そやけどまともな義足や義手、義眼なんて手に入らないわけです。あるところでは、ペットボトルを使って義足の代用品を作り使っているそうですわ。それがもらえるのはかなりいいほうだそうです。私の義眼、保険が利きますからなんとか買えましたが、まともに買えばそこそこな値段です。

「おまえナベトナムやイラクの子供のこと考えたらごちゃごちゃ言うな」といわれるかも知れまへんけど、それはちょっと違うんです。今日本では幸いこんな具合に保険や医療が充実していますが、もちろん問題のある制度もあります。このレベルはあの国よりましやから我慢せいとなると、どんどん後退していくばかりです。むしろ前に向かって充実した福祉を求めていくのが大切なことで、そこからさらに他国の状態に対して、自分達がなぜ福祉の必要性を感じているか、またそれがどのように障害者の社会参加に役立つかを、大変な状況にある国にも伝えていく必要があるんとちゃいますやろか。そしてその国が一歩でも福祉や医療について進んだら、「あの国よりましになったんやから我慢せい」ではなく、さらに進むように手を携え別の大変な国に「一歩進んだらこんな変化があった、障害者はこう変わった」と伝え、どんどん誰もが住みやすい国を増やしたらええんちゃうやろかいなと思うんですわ。

新しい義眼でどんな世界が見えてくるかいな。
[PR]
by maka1968 | 2006-10-26 20:10 | 福点の今日このごろ | Comments(0)

「MAKAちゃんのお気楽ラジオ」 島民紹介 その2

はじめ師匠…本名竹内一師匠は三味線やお琴のお師匠さん。厳格な邦楽界において、こんなにのほほんとした師匠がかつていただろうか。友人の宇野先生とスポーツ一番星のコーナーを担当、根っからのスポーツ好き。お琴や三味線の稽古より野球観戦を聞くのが人生における優先項目という実力派、なんでやねん。

宇野先生…スポーツ研究家。島で唯一テレビを持つ。あらゆるスポーツに対する興味は尽きず、今は障害者スポーツに興味を広げつつあるとのこと、これからの障害者スポーツの研究に期待が寄せられているお人。

ムロさん…釣り舟屋経営、のほほんおやじ。島に釣りに来た人を、沖につないだ筏に渡す仕事を営む、実に世離れした方で、妻は2年前にちょっとパートに行くといったまま帰ってこない。先日メールがあり、まだしばらくかかるとのこと、こんな事態にあってまるで人事のように、「ああ、さよか」と言うだけ。この人に浮世の現実はまったく関係ない。
[PR]
by maka1968 | 2006-10-26 20:06 | MAKAちゃんのお気楽ラジオ | Comments(0)

「MAKAちゃんのお気楽ラジオ」島民紹介

一冊堂店主、坂本さん…穏やかで知的な先生です。大量の本に囲まれて、ほんまに学者でっせ。古書店街をさまよったり、祭りの古本市でいいものを探すときは、眼光鋭く別人になるのでございます。

民宿つむじ風のおかみ、赤井さん…さおり織りのアーチスト。民宿にはたくさんのさおりが飾られていまっせ。東京や大阪で個展をされています。お嬢さんもさおりがうまい。島の中では、このさおり織りの海水パンツをはいた初老のおっさんが、時おりぶらぶら歩いているのが目撃されております。

コニタン…車椅子で突如現れる風来坊で、お悩み相談員。つむじ風に居候を決めこんではります。福祉や介護を研究。障害がある立場から、実際どんな介護が理想かなどを公演されています。と書いたらえらい人みたいですけど、なあに体がえらいだけで、ニヤケたおっさんです。しかしその脱力ワールドがたまらなくいいのでございます。

他にもまだまだおられます。おいおい紹介していきます。
[PR]
by maka1968 | 2006-10-09 17:15 | MAKAちゃんのお気楽ラジオ | Comments(1)

「MAKAちゃんのお気楽ラジオ」お気楽島ご案内

島の大きさはあまり大きくはないんです、じゃあ具体的にといわれたら困るんやけど、島をぐるっと一周している島巡り鉄道というチンチン電車がありまして、約一時間で一回りしますからほんとに小さい島です。

島に生息する動物

裏表ヤマネコ…西表ヤマネコと違い、その希少価値は実にうすい。そのことにひねくれたのか、大変心に裏表のある猫だ。エサなど投げ与えてやると、実に喜んでいる様子をみせるが、腹のなかでは、「なんや、こんなもんか、こいつあんまりええ食生活してへんな」と思っていたりするのです。

七転バッド…夕暮れ時になると、島の洞窟から飛び出してきて、空に舞うこうもり。その飛び方 が、おせじにもうまいとは言えず、バタバタとあわただしく羽をはばたかせ、あっちへフラフラ、こっちへフラフラと舞い踊る姿から、七転バッドと呼ばれている。

他にもまだまだいます。今後紹介していきます。
[PR]
by maka1968 | 2006-10-09 17:09 | MAKAちゃんのお気楽ラジオ | Comments(0)

本日、福祉放送「MAKAちゃんのお気楽ラジオ」のメンバーと鍋をした。『スポーツいちばん星』の宇野さんは、普段家で鍋をしないと言う。それどころか、30年ほど、家庭で鍋は登場していないそうである。今回の鍋は、な、なんと初体験。いやあ、こちらとしても寄せ鍋のやりがいがあったというもの。感想を聞けば聞くほど、涙ぐましい。「鍋もないんですけど、うちは会話もないんです」どひえー。鍋を囲んでいたはじめ師匠は、まるで尋ね人の番組で25年ぶりに母と再開した娘にインタビューするかのごとく「どうですか、宇野さん。よかったですね。いいもんでしょう。」と繰り返す。湯気の向こうに涙が光る。鉄道情報担当の、Mr.エクスプレス氏は、阪急ホールディングスとなった阪急電鉄と阪神電鉄の話題をだれも聞いていなくともご機嫌で語り続けていた…。私は、ラジオに出てくる島の喫茶店「風らん」のウエイトレスさんと、鍋に投入してしまったそうめんをひたすらすすり続け、細く長くのお付き合いを念じるのであった。いろいろな人が寄り集まる、まさに人生の「寄せ鍋」であった。
[PR]
by maka1968 | 2006-10-02 22:29 | 福点の今日このごろ | Comments(0)